FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

konasdfg150.jpgreddo.jpg



だいぶ痛みが楽になってきた、,
体感として思う。

体の痛みは30%残っている、、
そう、そんな感じです。
だから布団で寝るのがとても楽に思う。
今までの痛みからすると、嘘の様に思える。

さあ。開いてるトラウマを消去して行きましょう。
タイムトラベルの開始です。


環境との答えです、、
今、住んでいる環境、
小学校の自宅の環境、
中学校の自宅の環境、
高校の自宅の環境、
大学の自宅の環境、


小学校3年生、 母、 一年中、 夜中02時~06時
⑦ー11R    妄想する

怖い夢で泣き叫んだん、、
その頃、流行ったコックリさん、妖怪ベム、の夢だった。

大声を出した、、
母が飛んできた。
「〇〇、〇〇、」 5回起こした。
起きない、、
6回目で体を揺すった、
それも片側だけ、右側だけ揺すった。

それでも目が覚めない、、
母がもっと必死に揺すった、
気合いを入れてつかんだ。
やっと目を開いた→必死の母の顔が目に飛び込んだ

その瞬間、オモラシした。
母が言った。
「お義母さんでしょう、分からないの、、お母さんが怖いの、、」
(この時の母の心はとても悲しかったと思う、、)

それでもガタガタ震えてた。
余計に力を入れ続けた、力が抜けない、、
朝が来た。

母に起こされた。

目にも力を入れてる、、
奥歯にも、
頭に、腕に、お腹に、全身に力を入れている。

この状態で、側にこっくりさんがいる、、
そばにいる母がこっくりさんと思っている。
だから余計に力が入る。

次の晩また怖い夢となる。
怖い夢=右の背中が痛い、、

なぜかこっくりさんが、ギューと毒を入れた、、
毒の注入、、
私の背中に毒を入れた・・。

私の背中は溶ける、、
痛くて熱くて溶ける、、

熱くて痛くて眠れない、、
全然寝ないで起きている。

昼間寝る、、
昼夜の逆転となる、、

昼間起きていられない、、
夜眠れない、、
夜中に背中が溶けるから・・・。


konrtyfd150.jpg


背中と首の痛み
環境、
小学校、中学校、高校、大学、務めたすべての環境

小学校1年生、 学校(自宅以外の環境) 昼1時〜4時、 冬に近い
⑦ー11R 妄想する

学校が終わって自宅まで歩く、、
ランドセルが重くて、、
ランドセルが歩いてる、、そんな感じだったのでしょう。
目に浮かびますね・・・。

・・・・・??・・
荷物が重くて体が痛くなって、
本当に持ち帰りが大変、、
荷物だらけだったのを強烈に覚えています。

休み休み家に帰ってきた、、
涙が出そうだった・・・。


ランドセルが歩いてる、、
なんでこんなに苦しまなくてはいけないの??
みんなはそうじゃない、
自分だけ、、との思い。
学校に行くのが嫌になった・・・。

なぜなら、ランドセルを背負って学校に歩いていく行為が嫌だった。
毎日毎日苦しい、、
母に言えないで、お祖父ちゃんに言った。

「ランドセルが重くて嫌だ、、」
祖父ちゃんが言う。
「もう少しだから頑張れ、、」
「うんわかった!」

もう少しなんだ、あと何回だろう、、
5回かな6回かなそう思った。

100回、200回はまだ分からなかった。
私は5回、6回なら我慢できる、、と思った。

2ヶ月が過ぎた、、→
本人の心の中ではで5回、6回だった。

それが終わって、祖母ちゃんにいった。
「祖父ちゃんが5回、6回で慣れると言った、、」

祖母ちゃんが、、「じいちゃんが言ったのか、それは間違ってるね、小学校2年生になったら慣れるよ、、」

あーそうなんだ、2年生になったらなれるんだ!て思った。
後、何回背負ったらいいんだろう??

あと3回、4回で2年生になれる、、
そして2年生になった。

「祖母ちゃん、、2年生になった、まだ首と背中が痛い、、なんで痛いの??」
祖母ちゃんが言った。
「ランドセルが重過ぎるんだよ、、」
あなたは納得した。

「じゃぁ軽いのを買って、、」
祖母ちゃんの答えだった。
「軽いランドセルはないよ、高いのはみんな重いんだよ、、」

「じゃあ私、安いのがいい、ばあちゃん安いの買って、、」
ばあちゃんは困り果てた。
じいちゃんに言っとく・・・。

安いのが来ると思った。
あと何回背負ったら安いのが来るのかな?、、

いつまで待ってもランドセルが変わらなかった。
3年生になっても、、首から背中が痛かった。

4年生になっても、、
5年生になっても、、
6年生になっても、、

そして・・・中学生になって痛みがなくなった、忘れた。
中学は肩掛けカバンだった。
左肩口からかけてた。
これで痛みがなくなった。
それで忘れた。

結婚前から痛みが出た。
肩に何かかけた、、、両腕に荷物、そして肩にもかけた。
両腕に両肩に重いもの、、多分、すごい持ったんじゃないかな?


それが、今の痛みに繫がっている。
仕事を3年目で止めている、、
そうだった、凄い、、

毎日限界を超えていた、その事が自分では判らない、、
倒れるまで判らない、、
だから、今、この状態・・・

慢性疲労症候群=ほぼ線維筋痛症に繫がる。
あなたは、どこが限界かわからないタイプなんです。

・・・・・??・・
はい、そうだった、その通りだった。
夜中に痛くて眠れない、、
眠らないで仕事に行く、、

疲れ切って仕事をする、、
また眠れない、、
夜中が痛い、、
憔悴しきって仕事に行く、、

ここでまた重いもの持つ、
これで完全に燃え尽きちゃった。

その夜中の痛みが引き金となって、、
せっかく忘れてた小学校1年生のインナーチャイルドが、
ランドセルが重くて、、
首から肩に痛み、
背中に痛み、が出た事を思い出した。

上司は、あなたに頼めばと思った。
それが当たり前になった。
あなたが何でもかんでもやってくれた。

いやと言えば無い、言った事が無い、
これが原因です。


tokonamnbv150.jpg


小学校1年生、 母、 冬1月、 夜中03時
⑦ー11R   自分流解釈

大泣きした。
怖い夢を見た、、
お化けのテレビが原因。

母が飛んできて、揺すって起こした。
でも起きない。

母がもっと必死に起こした、、
それでも起きない。

右側を上にして怖い夢の世界にどっぷりつかってた。
父を見ると(右側に) 父のイビキ、、
うめき声怖い夢につながる。

母がそれでも必死に起こした。
「はっ」と目を開いた。

目の前にお化けがいた。
怖くて声も出ない、、
オモラシした。

母が言った。
「お母さんがわからないの、、」
何も答えずガタガタ震えた。

母は仕方なく布団をかけた。
その場で見守った。
オモラシが冷たくなった。

起きた、、→目の前に母がいた。
余計にパニックになった。
朝までそのまま、、
過呼吸、、心臓バクバク、、

この状態で頭真っ白、
朝も昼も起きられない、、
ずっと寝てた。

夜9時に起きたが食事せずそのまま寝た。

午前4時に眠れなくなった。
「はっ」と周りを見渡す、、
周りにお化けがいる、、
いなかった。

右側に父が居た、、
父が目に飛び込んだ。
怖い、、

父のうめき声で怖くなった。
ぐっと力を入れた。

寝て上を向いて寝ると首背中が痛む、、→ここで思った。

次の日怖くて眠れない、、
学校から帰ってきて夜まで寝た。
また午前4時に目が開く。
眠れない、、の繰り返し。

昨日、今日は、魂が抜けちゃった感じだった。
起きている姿を見たら、
今までのあなたとは別人だって、、
元気な別な女性が、そこにいる、、
と云うふうに最初感じました。

でも、、1枚羽織ったのを脱いで、
正面に来て、顔見た途端、
エネルギーがない、、
憔悴って、、感じた・・・。




kongfdh150.jpgtoruumeka.jpg


ヒーリングキネシオロジー(インナーチャイルド、トラウマ療法)

☎0282-62-1350

📱携帯アドレス
n.s.0524.stagea@docomo.ne.jp
090-1501-7231

💻アドレス
inakanojiji1234@yahoo.co.jp



参照
線維筋痛症
症 状
全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、
耐え難い痛みであることが多いです。

痛みの部位が移動したり、
天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。

痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、
重症化すると、
軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、
自力での生活は困難になりますが、
重症化する前に早めに受診して対策することが必要です。

随伴症状として、
こわばり感、
倦怠感、
疲労感、
睡眠障害、
抑うつ、
自律神経失調、
頭痛、
過敏性腸炎、
微熱、
ドライアイ、
記憶障害、
集中力欠如、
レストレスレッグス症候群、
などが伴う事もあり、症状は個人差があります。

中には、リウマチや他の膠原病に伴って線維筋痛症が発症している場合もあります。
痛みによって不眠となりストレスが溜まり、
それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられています。

死に至る病ではありません。
線維筋痛症は男性よりも女性に多く、
中高年の方に多い病気です。

そのため自律神経失調症や更年期障害、
不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。
現在人口の1.66%、約200万人の患者がいるのではないかと疫学的に発表されています。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















野中重幸

Author:野中重幸
FC2ブログへようこそ!

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QR