FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

atuku11tekeguhd150.jpgsisi111150.jpg



先生、ずっと眠れてない、、感じです。

判りました。
早速調べていきましょう。
さあ、タイムトラベルの開始です。


小学校2年生、母、冬1月、夜中2時
⑦ー8R  看守と囚人、 真に受ける、 鵜呑みにする、 信じ込む、
洗脳
夜中に吐いて戻した、、(7回吐)
そこに母が来た。
汚い、クサイ、、は母は苦手、、母が手を出さない。

母に助けて欲しかった。
母は怒るだけだった。

「こんなに吐いて汚してどうするの?、、」
「誰が替えるの、誰もしてくれないよ、、」
怖くてたまらなかった、、。

そこで従順な心となった。
母がいつも怒鳴りながら大声で言った。

「お母さんの言うことを聞かないからこうなるんだ、、
だから手こずらせるんだ、、
お母さんは夜中起きるの大変だ、、
明日も仕事が忙しいんだ、、」

鵜呑みにした、信じ込んだ。
夜中母を起こしてはいけないんだ、、。

私が吐く戻すからだ。
母の言うことを聞かないからだ、、だから吐くんだ。

完璧に母の言うことを聞こう→自分で決めた、、。
次の日から吐いて戻すと考えた。
まだ母の言うことを聞いてないんだと思った。

四六時中、母に意識を向けた。
常に母の顔色を見た。

何が何でも母の言うとおりにした。
母が何か言うまで待った。
自分からは何も言わなかった。

昼、夕方5時、夜中01時から05時、頭が、背中が、お腹が強ばりる、とても怖くなる。
体が固まっている、
縮こまっている、
怠い、疲れてる、
頭が痛重い、
動きたくない、億劫、、


fumajikgiywq150.jpg


小学校3年生、 母、 一年中、 夜中02時
⑬Rー8R  恐怖でパニック

夜中の大泣き→誰も来ない。
ハッと目を開けた、その瞬間に吐いていた。
何度も何度も吐いた。

お母さん助けて、、
朝までそのままだった。
心臓がバクバク、息が吸えなかった。
また吐いて戻す、、。

朝母が起こしに来た。
起きられなかった。
母はそれ以上は近寄らなかった。

父が片付けてくれた。
朝も昼も夜も寝てた、、。

夜中に目が覚める、、
父に言われて、また母が来た。

母に起こされた。
母の顔を見て恐怖、パニックを起こした。

いつもと違うパターン、これが原因だった。
変化を嫌う、、

ここでパニック、吐いて戻した。
不眠からの不安からのストレスからの自家中毒。


atuk11uterewq150.jpg


小学校3年生、 母、 夜中04時〜05時
⑦ー8R  マインドコントロール、 鵜呑みにする、 信じ込む

夜中怖い夢で泣き叫んだ→誰も来なかった。
朝までそのまま→怖くて眠れない、、。

ちぢこまって丸まって震えた。
そこを母に起こされた。

母に言われた。
「お前が悪い子だから、言うことを聞かないから、誰も助けてくれない、これからもそうだ、、」
ああー私は悪い子なんだ。
自己流解釈
母の言う事だけ聞こう、すべて、何でもかんでも聞こう、理不尽でも聞こう、、
そうすれば怖い夢を見なくなる、と思った。

次の日から言うことを聞いたら、怖い夢を見なかった。
やっぱり正しい、、→ちゃんと言う事を聞くようになった。

また怖い夢を見た、、。
完璧に母の言うことを聞かないから怖い夢を見るんだ、、
縮こまりながら、母の言う事を聞こうと思った。

吐いた戻した、朝までその状態で苦しんだ。
完璧な自家中毒だった。

母は片付けない、、
父がかたづける。

「お前が悪い子だから吐くんだよ、、」
まだ私は悪い子なんだ!とインプットした。
洗脳を受けた、そのまま真に受けた。
母の言うことを聞くのが足りないんだ!になっている。



atuk11uteasdf150.jpg


ヒーリングキネシオロジー(インナーチャイルド、トラウマ療法)

☎0282-62-1350

📱携帯アドレス
n.s.0524.stagea@docomo.ne.jp
090-1501-7231

💻アドレス
inakanojiji1234@yahoo.co.jp



参照
不安障害に含まれる心の病気には
パニック障害、
対人恐怖症、
強迫神経症、
全般性不安障害、
PTSDな
どが含まれています

不安や恐怖の感情自体は、人が生物として生き抜く上で不可欠なものです。
例えば、何か重大な危険に遭遇した時はその場から逃げるか、
それともその危険の元と対決するか、
すぐ行動に移さなくてはなりません。

不安や恐怖に襲われると共に、
体内からアドレナリンが分泌され、呼吸は速く、
心拍数は増し、
汗が噴き出して来ます。

不安や恐怖の感情で問題となるのは、
それらがその場の状況に相応しくないほど強くなってしまう場合がある事です。


■パニック障害
例えば、映画のジョーズのようにサメの背ビレが浜辺のすぐそこに現われたらパニックになって当然ですが、
パニック障害では日常的な状況でパニック発作が起きてしまいます。

対人恐怖症では、対人状況で不自然なほど強い不安症状が出現してしまい、
全般性不安障害では特にはっきりした理由もないのに過剰な不安感が生じます。

■強迫神経症
強迫神経症では強迫観念と、
そこから生じてくる不快感や不安を払いのける為に行う強迫行為が特徴的です。
例えば、カギがかかっているか気になり、カギを確認する事自体は日常的な事ですが、
それがどうしても振り払えないほど頭の中を占めてしまい、
カギの確認を何度繰り返しても、心に生じてくる不快感や不安を取り除けなくなってしまうといった症状が起こります。
強迫観念と強迫行為がその人の生活に占める割合が多くなればなるほど、日常生活に大きな支障が現われてきます。

■PTSD(心的外傷後ストレス障害)
自然災害、戦争など生死に関わるような衝撃的な体験の為に心に深い傷が残り、
月日を経てもその時の体験を過去のものにする事ができず、
脳裏にあたかも今、起こっているかのようにフラッシュバックしたり、悪夢となって現われます。

日常的な不安や恐怖の気持ちに打ち勝つには慣れる事が一番の解決法だと思いますが、
こうした不安障害で見られる、
不合理な程、強い不安症状に対しては心理療法や薬物療法による治療が必要不可欠になります。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















野中重幸

Author:野中重幸
FC2ブログへようこそ!

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QR