FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

kafkjhoi150.jpg




自己否定

私はその場にいてはいけない!
存在してはいけない!
人の迷惑になるから、、

早くその場からいなくなる。
家の中でも外でも度々起きてました。

会社でも家でもフラッシュバック・・・。

今は、白いご飯の量を倍まで増やしている。
噛みごたえのあるものを夕食に食べている。

でも、あなたにとっては2倍でも、他の人にとっては、、
エエッそんな少なくちゃ力が出ないよ!
どこに入ったか判らないよ、、そんな感じだと思います。

これからもっともっと増やして、
社会復帰をお手伝いになればと思います。

使いこんでマイナスにしてしまったエネルギーを
返済して利子を返して、プラスにして行かなければ・・・


fujkamnp@oi150.jpg


早速調べて行きましょう。
タイムトラベルの開始です。




小学校1年生、 冬4月、 パターンの変化(馴染まない、戸惑う)
13B―8R   恐怖でパニック
昼1時、休みの日、昼食前の事

テレビに夢中、そしてチョコレートに夢中。
そこに母が来る。

チョコを食べてるのを見て怒る。
「〇〇、言ったでしょ!」

急に母の怒鳴り声。 
     ↓
怖くなる、、
心臓バクバク、
呼吸が苦しく、その場でガチッと固まる。


後から抱きかかえ、居間に連れて行く。
「早く食べなさい!」
     ↓
「食べなきゃ!」 となる。

周りから、、「早く食べろ!」 
ガミガミと大きな声がする。


母が耳元で言う。
「お前のために作ったんだから食べろ!」
     ↓
母の愛情が強すぎ!!
(長子なので、子育て初心者マーク、一途な気持ち)

食べるまで見てる母、、→見られて凄く緊張する。

怖くて入らない、、そして、チョコの後で入らない。


子供は甘いものだけがおいしい、、→甘いものオンリー。
あなたもそうだった。

母のご飯は、まずい!、、 →なぜなら甘くないから、、
ご飯がまずいのでチョコレートを食べる、、→悪循環となる。


泣きながら食べる、、
母が、、「泣くな!」
      ↓
大泣きする、、
泣いても食べさせる!、、

泣きながら食べる。
鼻をすすりながら、鼻とご飯が混ぜ混ぜで食べる。

結局食べきらない、、→母が切れる。

母が怒鳴り付ける。
「お菓子ばっかり食べてるから!」

そのお菓子も、
母が買って来てる、、→自分のために、
お菓子を食べると落ち着いた(母)。

母親もストレスでイッパイだった。
嫁、姑の問題も夫婦仲の問題もあった、、。


「お前にはお菓子はやらない!」
      ↓
ああー、私はもらえない!食べられない!
      ↓
その思いが、夜中の02時のリプレイとなる。
母の言った事の日リプレイ。

「早く食べろ!残さず食べろ!お菓子はやらない!」
     ↓
夢となって出てくる、、→眠れない、、
心臓バクバク、
呼吸が苦しくなる、
頭が砂嵐となってしまう・・・。



kaqhfpoiu150.jpg




消えてしまえ!その場からいなくなりたい!
自殺願望

小学校2年生、冬4月、夜中02時
⑦ー11R   意味を違えてとる、パターンの変化

夜10時、、「早く寝なさい!」

テレビに夢中だった。
夜8時から9時(夜寝する、、)

今、私はテレビを見てるからすぐには寝られないと思った。
     ↓言葉の直訳
今寝ろ!→無理、、と受け取った。


母が抱きかかえて布団に、、
「早く寝なさい!」


眠れない!と思った。
母が電気を消した。
布団の中で目を開いてた。

豆電球をじーっと観てた、→豆電球に吸い込まれた。
オレンジの光をインプット。

母の夢を見た。
怒られた夢、、→夢の中で自分がこわばっている、それが見えた。

酷くなる、、→それを見ている自分、、
心臓がバクバク、心臓が飛び出そう、
呼吸が苦しくなる、、

全身の血の気が引く、、→意識が消える。
朝方意識が戻る、、→はっと思う、、母を探す。
いない!、、 →不安になる。

必ず来る、もう来る、すぐ来る、、→私を怒鳴りに来る、、


・・・・・??・・
いつも、なんかよくわかんないけど怒鳴られてた・・・。


私はいつも怒鳴られる、、→何をしても怒鳴られる、、。
何もしなくても怒鳴られる、、。

部屋の隅にいても怒鳴られる、、
見えない場所にいても怒鳴られる、、
      ↓
私は生きていてもしょうがない!消えたい!
母の前から消えたい! 
完全に消えたい!


私が死ぬ!と言う事、、→私が死ねば母が喜ぶ、、。
私は楽になりたい! 

もう怒られる、怒鳴られるのはたくさん、、。



fjakqwer150.jpg


・・・・・??・・
小さい頃、頭ごなしに抑え込まれてました。



ああーしちゃダメ!
こうしちゃダメ!
あれしなさい!、これ、しなさい!

     ↓
すべて命令される、、→大人になって生きづらい、自己否定となる。

私が家にいると、母に、妹に、曾祖父ちゃん祖母ちゃんに迷惑がかかる。
行くあてがない!
場所がない!


じゃぁ消えるしかない!
これは死ぬことだ!
      ↓

ゲームをずっとやってきた、
リセットできる、、→ゲーム脳 となる、、 

またリセットするから、、この思い、
大きな原因だった・・・。




ヒーリングキネシオロジー(インナーチャイルド、トラウマ療法)

☎0282-62-1350

📱携帯アドレス
n.s.0524.stagea@docomo.ne.jp
090-1501-7231

💻アドレス
inakanojiji1234@yahoo.co.jp



参照

強迫性障害(強迫神経症)
強迫性障害は、頭の中にしつこく浮かぶ不快な考えやイメージ(強迫観念)にとらわれ、
それを打ち消そうとするくり返しの行為(強迫行為)が止められず、
日常生活や精神状態に大きな影響をおよぼす病気です。

考えや行為の度が過ぎていること、生活に支障をおよぼしていることを自覚し止めようとしますが、
意志に反して強迫観念や強迫行為が続き、心身が激しく疲労してしまいます。

昔は強迫神経症などといわれていて、治療が難しいとされていました。
お薬や精神療法の進歩により、少しずつ改善していける病気になっています。

強迫性障害は、WHO(世界保健機関)によって「経済損失および生活の質の低下に影響する10大疾患」の1つとされたほど、
苦痛や支障の大きなものですが、なかなか治療に踏み出せず苦しんでいる人が多いです。

放置してしまうと重症化していく傾向があり、うつ状態などを合併してしまうこともあり、治療も大変になります。
確認行為に家族も巻き込んでしまうことが少なくありません。
生活の大部分が左右されて行動範囲が狭まり、自宅から一歩も出られなくなってしまうケースもあります。

強迫性障害は、かつては不安障害の一種と考えられていました。
しかしながら現在では、「とらわれ」と「くり返し行動」を特徴とした病気で、不安障害とは異質の病気と考えられています。

強迫性障害の症状、
•中核症状
•問題となる症状

強迫性障害の中核症状は、
•強迫観念
•強迫行為になります。

何らかの考えやイメージが急に頭に浮かんでしまう「強迫症状」と、それを打ち消すために「強迫行為」を行ってしまいます。
「バカバカしい」という認識をもっていますが、それでも強迫観念にとらわれてしまって、強迫行為をやめることができません。

•うつなどの合併
•回避行動
•周囲の巻き込みといったことが問題となってしまいます。

ストレスが蓄積することでうつ状態になってしまったり、社会不安障害などの不安障害を合併してしまうことがあります。

強迫観念を避けるために距離をおいてしまったり、周囲を巻き込んでしまうことがあります。
このため仕事や学校といった社会生活だけでなく、友人や家族などの日常生活にも影響が出てしまうことがあります。

強迫観念と強迫行為
強迫観念とは、繰り返し頭の中にあらわれる考えやイメージのことです。
強迫行為には大きく4つの「とらわれ」があると考えられています。

•汚染や洗浄→汚染恐怖・不潔恐怖(汚染されている)
•禁断的思考→加害恐怖(いけないことをしてしまう)
•対称性→不完全恐怖(ぴったりこない)
•ため込み→ため込み障害(物がなくなってしまう)

※ため込み障害は、強迫性障害の親戚の病気として別で扱われています。

〇不潔恐怖/汚染恐怖
「自分が汚れている」「何かに汚染されてしまった」という恐怖

つながりやすい強迫行為
・過度な手洗い・シャワー・歯磨きなどをくり返す
・家のすみずみまでを除菌したり徹底的に掃除したりする
・汚れる可能性のある物質や場所を過度に避けようとする

〇加害恐怖
「自分が他者に危害を加えるのではないか」「卑猥な行為や反社会的な行動をしてしまうのではないか」という恐怖

つながりやすい強迫行為
・自分自身で「大丈夫か?」とひたすら確認を続ける
・他者に「私は何もしていませんよね?」としつこく確認する

〇不完全恐怖
「ぴったりしない」「しっくりしない」といった感覚(強迫観念という認識が本人にないことが多い)

つながりやすい強迫行為
・何度も整理整頓をしてしまう
・同じ行動を繰り返し行ってしまう→その作業のくり返しによって、やるべきことが前に進まなくなってしまう。(強迫性緩慢)

スポンサーサイト





この記事へコメントする















野中重幸

Author:野中重幸
FC2ブログへようこそ!

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文:

QR